Skip to main content.
*

Archives

This is the archive for June 2007

2007/06/15

 ある事項についての私法の効力というのは、その事項の関係者の間に私法上の権利義務の取得・喪失・変更を生ずるということです。権利者が損害賠償を請求して相手方が素直に支払わなかったときには、請求権を主張して国家の保護、すなわち裁判を受けることができます。私法上の権利があるかないかは、国家、すなわち裁判の協力を得て結果を実現することができるか否かという点に帰着します。

私法上の無効は刑罰とは無関係

 1点について1,000円を支払う約束でマージャンをやって1,000点負けた者があるとします。このような賭博契約は、公の秩序、善良の風俗に反する事項を目的とする契約だから、民法90条によって無効です。その無効だというのは、勝った者から負けた者を相手として約束を理由として100万円の支払いを訴えても、裁判所はその契約は無効で100万円支払えという債権は生じないから、訴えを退けるということだけのことです。賭博した者が処罰されるということは刑法の問題、すなわち刑法の効力で、賭博契約が無効だということと関係がありません。

 食肉の売買の営業には食品衛生法による営業許可を受けなければならない、というような取締法があります。その場合に、許可を受けずに営業をしたときには、営業者は処罰されます。それなら許可を受けないで食肉を売った取引行為はことごとく無効になるのでしょうか。そうした取引行為を無効とすることは、人々の間の信義――約束は守るという信義――を乱すことになります。
ここでこのような取締法は、行為の現実に行われることを禁圧することだけを目的とするものですから、すでに行われた取引行為から生じた私法上の効力には影響がない、すなわち有効だ、と解するのが判例です。

犯罪と被害者に対する損害賠償

 人を殴ってケガをさせた者がある場合、国家は公権力を発動してその者を傷害罪として処罰します。ある行為を犯罪として処罰するのは、国家が社会全般のことを考えてすることであって、加害者、被害者の間の個人的関係を考えてのことではありません。そのことは、加害者が処罰されても被害者の被った損害は残ることを考えればすぐに分かります。

 刑罰として犯人が罰金刑を処された場合でも、その罰金は国の収入になり、被害者がもらえるのではありません。そこで、人を殴ってケガをさせた者が処罰された場合にも、その犯人(加害者)は、被害者に対して損害を賠償する義務を負う、という法律効果を別に考えなければならないことになります。そしてこの損害賠償の関係は、私人が不法な行為によって他人に加えた損害を補償するという、対等な者の間の財産的な関係だから、まさに私法の関係です。
(我妻榮『民法案内1私法の道しるべ』勁草書房を参考にしました)
 家庭は何物にも替えがたい尊い価値をもっている。

 家庭の中核である夫婦の間の心の動きがダイミックであると飽きが来ない。夫は妻に対して夫であるが、ある時は妻の父親のように指導力を発揮し、またあるときは息子のように素直であっても構わない。妻は夫に対して妻であるが、ある時は夫の母親のように寛容で、またあるときは娘のように甘えても構わないのではないか。夫婦間に娘が生まれれば、夫は妻も小さいとき娘のようにかわいかったのではないかと思い、妻の母と過ごせば、いずれ妻もそのように包容力のある女性になるのではないかと空想する。夫婦間に息子が生まれれば妻は夫も小さいときは息子のように天真爛漫だったのかと思い、夫の父と過ごせばいずれ夫もそのように柔和な男性になるのではと期待する。

 人は幼いときは親との関係が最も重要だ。兄姉を慕う気持ちや弟妹を守ろうとする気持ちは、愛する親が兄弟姉妹を愛しているので自分もそうしようという心情が動機となっているのではなかろうか。

 夫婦や兄弟姉妹という横の関係の中に、親子という縦の心情関係が変幻自在に現れては消えていく。心情のダイナミズムに彩られた思い出は忘れられない宝物だ。

 親から愛されて育てられたから自分も子を愛そうと思い、親が生き方の見本を示してくれたから自分も子に生き方の見本を示そうと思う。また、子どもから孝行の美を返されると、老いた親に孝行したいという気持ちが刺激される。心情の関係は、過去、現在、未来の時間を超えてめまぐるしく啓発し合う。これほど豊かで味わい深い心情関係が展開される場は、家庭をおいて他にはないだろう。

 戦後、家制度がなくなって親戚が遠くに住むことが多くなった。幼少の時にいとこやおじさん、おばさんなどと共通の体験をすれば、一つの家族だけでは味わえない立体的な心情関係が生まれ、それが生きる力を作ることにつながっていたのではないかと思う。戦後の民法改正によって、各人の権利は平等に保障されやすくなったであろうが、大勢で共に暮らすことによる恩恵が失われた。

 ものがあふれかえる環境の中で、子どもたちが小さいときから消費の主体としてものを選択することができるようになったことが、家族がバラバラになる大きな原因だと指摘され始めている。

 ものが豊かで生活が便利であることは望ましいことで、その恩恵を享受したいと思う。しかしそれによって家族がバラバラになって最も大切な心情関係まで失ってしまうのであれば、貧しさと不便のままの方がよい。どのような貧しさや不便さがあれば、失われがちなどのような心情関係を回復することができるだろうか、という途上国では思いもつかないような視点を、日本人は導入する時期に来ているのかもしれない。